スタッフブログ

【神戸市・東灘区 整骨院】腰痛と姿勢

2020年05月15日

こんにちは!摂津本山駅前 VIVA鍼灸整骨院甲南院です。

今日は反り腰と腰痛の関係性についてです。

腰痛の種類に下位交差症候群というものがあります。

簡単に言うと反り腰の姿勢です。

下位交差症候群の特徴として

下位交差症候群とは気をつけをしたような一般的に
良い姿勢とされるのですが、反リ腰になっているよう
な姿勢をいいます。

下位交差症候群はチアリーダーやバレエダンサー、
新体操の選手といった過剰に良い姿勢を強調する
ような方によく見られます。

下位交差症候群の特徴は

・腸腰筋、大腿直筋など股関節屈筋群の短縮
・腰背部の短縮
・腹筋群の機能不全
・ハムストリングスなど股関節伸筋群の機能不全
・足関節背屈制限

などが挙げられます。

下位交差症候群では腹筋群の機能不全が特に問題
になります。

そのために腰が反ってしまいお腹が前に突き出た
様な姿勢になってしまいます。

腰に負担がかかるので腰痛の原因になります。

下位交差症候群のアプローチとして、短縮筋の
ストレッチはもちろん体幹のエクササイズをおこないます。

またストレッチやエクササイズを効果的に行う為に骨盤矯正などもおこないます。

腰痛でお困りの方は1度ご相談ください。

 


〒658-0084 兵庫県神戸市東灘区甲南町3-8-13
予約優先制
電話番号 078-452-5010
駐車場 あり(コインパーキング 1時間分ご返金致します)
休診日 日曜日

お得なクーポンなどはこちら↓↓
エキテン https://www.ekiten.jp/shop_91741836/

オフィシャルHP http://viva-amg-seikotu.com/

ページのトップに戻る